ritournelle.02

L'inconscient, ça marche comme une usine, et pas comme un théâtre. Le désir est constructiviste.

無意識とは工場のように作動するのであって,劇場ではない. 欲望は構成主義的である.

Gilles Deleuze, in "L'Abécédaire - D comme Désir", Pierre André Boutang, 1996


Soliloquy and Notes

      仮名・変換・文字

『TypeTrace』における「変換の妙」の本質を求めて,

『日本論の視座』,網野善彦,小学館
第五章「日本の文字社会の特質」,第4節「平仮名混用文書と平仮名の機能」

を読む.

Continue → "仮名・変換・文字"

Posted at: [janvier 06, 2008]| | テクノラティのお気に入りに追加する+ del.icio.us

      鴨長明的環世界 / Chomei's Umwelt


龍安寺境内 BY: dominick.chen

魚ハ水ニ飽カズ。魚ニアラザレバソノ心ヲ知ラズ。鳥ハ林ヲ楽(ネガ)フ。鳥ニアラザレバ其ノ心ヲ知ラズ。閑居ノ気味モ又同ジ。住マズシテ誰カサトラム。
鴨長明,方丈記(佐竹昭弘 校注・岩波書店)

仏教的なMaya(幻世界)に端を発している長明の世界観は,人間の環世界は身体と住居と自然といった集合の複合体であるという認識を示している。

Continue → "鴨長明的環世界 / Chomei's Umwelt"

Posted at: [décembre 31, 2007]| | テクノラティのお気に入りに追加する+ del.icio.us

      Culture d'Islam: Un chrétien musulman


émission du dimanche 23 décembre 2007
Un chrétien musulman (Jean Mohammed Abd-el-Jalil et Louis Massignon)

Une vie extraordinaire à la lettre d'un homme né musulman et reconverti chrétien tout en affirmant sa parvenance originelle du monde arabe. Un vrai médiateur des deux cultures alors considérées incompatibles. Bien qu'il doit son succès aux efforts protecteurs de son parrain Louis Massignon, un homme religieux dédié à racheter la vie perdue d'un jeune homme, comment est-ce qu'un mode de vie pareil est concevable aujourd'hui?

Posted at: [décembre 30, 2007]| | テクノラティのお気に入りに追加する+ del.icio.us

      「いつか音楽と呼ばれるものを考える」に対する応答

sany0289-tm.jpg by naotokui

参照:
天才のためのツールとは? (かつて音楽と呼ばれたもの by naotokui)
いつか音楽と呼ばれるものを考える#1 (My Codex Leicester by nagano)

「万人に役に立つ/有用性」の世界と「一万人に一人のため」の世界という切り分け方.薄っぺらい大義と視野狭窄な自己満足.どちらともそれ自体が目的化される事柄ではない.状況認識に過ぎない.ここで考えさせられるのは,「自分のために役に立つ」というスキームがあまり語られていないことだ.自分という地平と他者という地平が相互作用する中間領域を考えずして,「有用性」の議論は行えないのではないだろうか.

Continue → "「いつか音楽と呼ばれるものを考える」に対する応答"

Posted at: [décembre 28, 2007]| | テクノラティのお気に入りに追加する+ del.icio.us

      L'Assassinat de la Culture Française


(Time: La "une" du Time consacrée à "la mort de la culture française", le 3 décembre 2007)

L'article polémique du "Time" intitulé "The Death of French Culture" est analysé dans le Monde du 21 Décembre, avec un titre plutôt calmant et posé: "Déclin ou mutation?"

Continue → "L'Assassinat de la Culture Française"

Posted at: [décembre 28, 2007]| | テクノラティのお気に入りに追加する+ del.icio.us

      『変化は起きる』 Shift Happens


Creative Commons License Producer:XPLANE | Director:Karl Fisch, Scott McLeod, and XPLANE

かなり有名なウェブ・プレゼンテーションの最新版がdotSubに上がっていたので,日本語に翻訳してみた. dotSubでは,このぐらいの文章量のものであればものの30分ほどで翻訳が行える.もちろん,もともとが平易な英語なので,日本語化の効果はそれほど高くはないかもしれないが,クリエイティブ・コモンズの説明を未見者に対しておこなう際に役立てる内容ではある.

Continue → "『変化は起きる』 Shift Happens"

Posted at: [décembre 15, 2007]| | テクノラティのお気に入りに追加する+ del.icio.us

      Traduction, Démystification, Reterritorialisation

Voilà que ça fait à peu près un mois que j'ai commencé à traduire l'Abécédaire de Gilles Deleuze (réalisé par Pierre André Boutang en 1988 et publié en 1996 après la mort du philosophe) en Japonais, sur dotSub, et puis télécharger leur capture d'écran avec le sous-titrage japonais sur Nicovideo pour récolter des commentaires.

Continue → "Traduction, Démystification, Reterritorialisation"

Posted at: [décembre 15, 2007]| | テクノラティのお気に入りに追加する+ del.icio.us

      Reenactment and Enactivity no.1

At the discussion at re:place 2007 in Berlin, Inke Arns' mentioning on 'reenactment' as a key notion to drive archival initiatives somehow coincided in my flow of thought with the idea of enactivism coined by Francisco Varela and Evan Thompson.

Continue → "Reenactment and Enactivity no.1"

Posted at: [décembre 13, 2007]| | テクノラティのお気に入りに追加する+ del.icio.us

      時間浴 / TimeBathing

時間浴(Time Bathing)という言葉を思いついた.ウェブで検索してみるも,「時間を浴びる」という表現は見つからなかった.感念(affect)インタフェース.

時間の流れ,という漠然としたイメージを少しでも具象化してみるために,時間の粒子のようなものを想起する.身体と環境を常に貫いていく,無数のパーティクル.

忙しく,時間がないと思うときほど流れが速いが,能動的にその流れを遅くしてみる.粒子の流れそのものを遅くして,ゆっくりと全身で浴びるイメージを作る.そのイメージがフィードバックして,実際に時間の流れが遅くなる.

有為の最中に無為を挿入すること.その逆に,無為の時を加速させてみることも出来るかもしれない.いろいろな方法で時間を浴びてみよう.

Posted at: [décembre 11, 2007]| | テクノラティのお気に入りに追加する+ del.icio.us

      ぬきがき:『時空の編み目をくぐって』、高橋悠治

an incomplete translation of Yuji Takahashi's diary during the 1970's. [draft]

self-note: Translation accelerates understanding.

Continue → "ぬきがき:『時空の編み目をくぐって』、高橋悠治"

Posted at: [novembre 21, 2007]| | テクノラティのお気に入りに追加する+ del.icio.us




 
別の条件が特記されているページやコンテンツを除き,このサイト上のコンテンツは全てCreative Commons: Attribution-ShareAlikeライセンスによって規定されています.詳しい利用条件に関してはライセンス頁を参照してください.  Except where noted explicitly, all the contents of this website are licensed under a Creative Commons: Attribution - ShareAlike license. Please refer to the Deed for further details.